愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

夫婦関係破綻|名古屋の探偵社社長ブログ

夫婦関係破綻の定義

「夫婦関係の破綻」という言葉は、普段あまり耳にすることはないでしょうが、こと離婚関係のことを調べる時には必ず突き当たる言葉になります。

夫婦関係の破綻とは?

どうなっていれば夫婦関係が破綻しているとみなされるのか?
どこからが破綻状態で、どこまでは破綻ではないのか?
夫婦関係破綻の定義は状況や夫婦関係のある方によって様々な判断がなされます。

  • 別居して○年
  • 生活費を入れなくなって○ヶ月、○年
  • 家庭内別居の状況や期間
  • セックスレスであるか否か? またはその期間
  • 婚姻期間はどれだけなのか

様々な要因によって判断されるものですから、かなりの個人差があります。
ただ、夫婦で話し合った結果、「子供が社会人になったら離婚する」「子供が結婚したら離婚をする」といったように期限を設け、別居が開始されたようなケースは、その事実をもって破綻の起点とされるでしょう。
また、浮気をしている側(有責配偶者)が離婚したいあまり無理やり別居に持ち込み、夫婦関係の破綻を理由に慰謝料請求を逃れようとしたり、離婚に持ち込むなどは出来ません。

不貞が原因で慰謝料請求や離婚裁判を起こされた相手の8割が「夫婦関係の破綻」を主張

過去に当探偵社で行った数多くのの浮気調査によって、依頼人が不法行為における損害賠償請求(浮気の慰謝料請求)を行った結果、相手方が夫婦関係の破綻を理由に請求の破棄または減額を主張してきた割合は全体の80%になります。
原因は夫婦関係破綻後の浮気は不法行為には該当しないとの以下の判例にあります。

平成8年3月26日:最高裁判所判例
「甲の配偶者乙と第三者丙が肉体関係を持った場合において、甲と乙との婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情のない限り、丙は、甲に対して不法行為責任を負わないものと解するのが相当である。けだし、丙が乙と肉体関係を持つことが甲に対する不法行為となるのは、それが甲の婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益を侵害する行為ということができるからであって、甲と乙との婚姻関係が既に破綻していた場合には、原則として、甲にこのような権利又は法的保護に値する利益があるとは言えないからである。」

上記理由により、夫婦関係の破綻を主張することが、不貞を原因とした慰謝料請を退ける有効な手段と考える方が増え、浮気相手への請求も「既に破綻していたと聞いていた」と主張することが急増する結果になっています。。

愛人からの慰謝料請求の可能性も

不法行為の要件を満たすには、相手に故意はたは過失があることが条件となります。
不倫相手が既婚者と知っていながら(故意)、または知り得たにもかかわらず(過失)、肉体関係を持った場合、不法行為が成立します。
したがって、不倫相手が本当に既婚者であることを知らなかった場合、または推測できる立場でもなかった場合には慰謝料を請求することはできない可能性があります。
配偶者が独身と偽り、浮気相手と交際し、その相手に結婚をする約束などをして精神的被害を与えた場合などには、逆に相手から配偶者に慰謝料請求をされる可能性がありますので注意が必要です。
ただ、浮気調査や信用調査にて相手が既婚の事実を知りえる立場であったことが判明するケースは多々あり、慰謝料から逃れる為に知らなかったと偽るケースも多いので、そういった事実が判明した時は問題にはなりません。

夫婦関係の破綻の在り方についての探偵の考え方

正直なところ、長年探偵をやっている者であれば「夫婦関係の破綻」という言葉は耳にタコが出来るくらい頻繁に聞く言葉なのです。

ですので、私のところに来る相談者さんには、相手がそのような反撃に出る可能性なんてことは、当然のように既に織り込み済みで、100%説明していますし、あらかじめ対抗処置も講じて貰っています。

  • 一緒に家族旅行に行く
  • 一緒に食事に行く
  • 一緒に買い物に行く
  • 一緒に子供の行事に参加する
  • 一緒にビデオを見た

どんな些細なことでも証明できるよう記録していて貰いますし、単身赴任で別居中と偽られる可能性がある時には掃除にいって食事を作ってもらうとか、破綻をしていないと証明できることなど、数多くあります。
夫婦生活があった時に避妊具を残しておいてくれたりして頂けたら、それはもう、100万%相手の主張は通りません。
 ※行うまでもないがDNA鑑定で確実に証明可能
家庭内別居状態だったといった主張など崩すのは造作もないことですし、そもそも、そのような嘘が通用するほど甘くはないのが現実です。
当然、夫婦関係の破綻を主張されることを前提に調査を行っていますので、調査中に判明したことは全て依頼者さんにお知らせしております。
しかしながら、本当に破綻している状況では慰謝料請求が認められるのは難しいです。

慰謝料請求をするというのは1つの戦いでもあります。
戦いに勝つには、相手の先方を知り、先に対策をうってから戦いに臨むことです。
相手が抗弁してくるであろう、あらゆる先方を予測し、逆襲できる材料と戦術さえ揃えておけば、簡単に相手は落ちます。
卑怯な手段を使う相手に負けないよう、充分な準備をするようにしましょう。

筆者プロフィール

矢橋克純ガルエージェンシー名古屋駅西代表:矢橋克純
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校東京本校特別顧問
ガルエージェンシー渋谷神宮前監査役員
ガルエージェンシー代理店統括事業部所属
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自身があります。
また、急な調査や難易度の高い調査にも対応できるよう、調査術に優れた探偵を取りそろえておりますので、緊急出動が必要とされる依頼内容や、他社が失敗してきたような依頼内容もお気軽にご相談下さい。

ボクシングの竹原氏と対談  ~運営サイト~
 ガル探偵学校への道
 失敗しない浮気調査
 名古屋の浮気調査専門サイト
 愛知県の浮気調査サイト
 ガルエージェンシー伊勢湾
 ガルエージェンシー広島駅前

調査のご相談なら名古屋駅前のガルエージェンシーへ

社名:探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西
住所:〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武1-2-1カネジュービル5F
TEL:0120-135-066 / 052-433-1616

このページの先頭へ