愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

プロ探偵による無料相談実施中

浮気問題の解決方法ご提案

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

でっちあげDVに対抗する方法

もし、ある日突然、妻が子供を連れて出て行った結果

でっちあげDVでDV加害者であるとされてしまったら・・・

ここ10年の間に、探偵社には「でっちあげDV」による相談が激増しています

その裏には

「悪質な弁護士」や「報酬目的の女性団体」の影がある場合が多くあります

でっちあげDV

程度の差はあれど、本当にDVがあったのあであれば自業自得ですが

探偵社に寄せられる同類の相談の大半にはDVの事実はありません

「少なくとも、夫婦生活を営んでいた方なのだから普通はそこまでしないだろう」

「本当はDVがあったのでは?」

と思われる方が多いというのも、でっちあげDVの恐ろしいところでもあります

ここで、「悪質な弁護士」や「報酬目的の女性団体」が関与する

DVをでっちあげていく方法をご紹介します

でっちあげDVの手法例


①「婦人相談書」や「配偶者暴力相談支援センター」にDV被害を訴え”配偶者からの暴力の被害者に係る証明書”を手に入れる。

これは、妻からの一方的な相談だけでも発行されるという、使い方によっては恐ろしい証明書になります。

②警察に相談し、記録を残す

そもそも、事実ではない無いDVを証明することはできません。
しかしながら、状況証拠にもならないような状況証拠のようなものを積み重ねることにより、DV被害を創り上げる方法の1つです。

③婚姻費用の分担請求や離婚調停を申し立てる

いきなり離婚調停という方法もありますが、DV被害の証拠が揃わないうちに、あまりにも離婚を急ぐと「でっちあげDV」がバレる可能性があります。
ですので、離婚するつもりはないが生活費が必要と、婚姻費用の分担請求をすることにとり、生活費が確保でき、子供を思うけなげなDV被害妻を演じることが可能という、今では主流となりつつある方法です。

④DV被害を裏付ける証拠となる医師による診断書を入手する

医師による診断書は怪我や病気の程度や完治までの期間を示すものであり、DV被害を裏付けるものではありませんが、DV被害の証明書として利用されているのが現状。
たとえ、自分でつけた傷であろうと診断書には傷の程度しか記載されません。

⑤DV被害者なりすまし日記をつける

ここまでするか?!と思われることでしょうが、良く使われる手法でもあります。

こと痴漢とDVに関しては被害者が圧倒的に有利


一般的には、やっていないDVを証明するなんで出来ないだろうと思われるでしょうが

こと痴漢犯罪とDVに関しては、推定無罪の原則は適用されていないのが現状です

本人がそのつもりで、そこにプロが加わった時点

ほぼ100%の確率でDV加害者は創り上げることができると断言します

「やっていないものは、やっていないと言えば良いだけ」なのは正論ですが

その主張が即ち、相手(弁護士及び団体)が狙う

夫婦関係の破綻状況を説明するものとなってしまい

深みにはまってしまう可能性が高いことになるのです

「やっていない」と強く主張することもできないのがDV冤罪の怖さなのです

でっちあげDVへの対抗方法


DV冤罪事件に巻き込まれた以上、このままではDV加害者に認定され

子供も財産も失った上、子供には会えなくなり、高い養育費も請求されます

それが彼女ら、彼らの最終目的なのですから当然です

対応方法としては、でっちあげDVを原因とした子供の連れ去り別居の相談で

最も多い原因である

浮気相手と一緒になりたいから

妻に男が出来たというケースでは

何としてでも早い段階で2人の交際事実を掴み

不貞の証拠を揃えておかねばなりません

グズグズして無駄に時間が過ぎてしまうと

別居してから知り合った

という、言い訳が通ってしまう可能性があるからです

攻撃は最大の防御といいますが

前述した通り、中途半端な攻撃材料やDVの否定は逆効果になるだけで

決定的な攻撃材料を入手は必要不可欠となります

では、浮気を伴わないでっちあげDVのケースはというと

これも早い段階で、DVの知識や経験のある弁護士に依頼し

DVの事実はないことを証明していくしかありません

素人が自分で抗弁をすると、夫婦関係の破綻を認定されるかもしれないからです

プロのでっちあげDV集団を相手にするにはプロに頼るしかないのです

でっちあげDVのどこにも正義は無く

子供を真に思う気持が欠如しているケースが大半なのですから

名古屋の浮気調査はお任せ下さい

浮気調査 不貞行為とは・・・
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要とされる。

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

住所:〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武1-2-1カネジュービル5F
TEL:0120-135-007 / 052-433-1616

このページの先頭へ