愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

プロ探偵による無料相談実施中

浮気問題の解決方法ご提案

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

自宅で行われている浮気の証拠収集

「妻が浮気相手を自宅に招き入れて不倫を繰り返している」
「夫が愛人女性宅で浮気をしている」

そういったケースでの浮気の証拠はどのように集めればいいでしょう?というご相談が後を絶ちません。
ここでは、ご自宅や浮気相手の自宅で行われている浮気の証拠収集法について解説したいと思います。

自宅で不貞行為

妻(夫)が浮気相手を自宅に・・・!

大切なご自宅に浮気相手を招き入れ、不貞行為を繰り返している。
とても許されることではありません。
探偵社に浮気調査を依頼される方が、最も怒り悲しむのがこのケースの浮気です。

そういった主張をされる離婚をお考えの男性は相当数おられます。
ただ、双方が離婚に合意し、いざ親権問題になった時に「自分が不貞をしたから」と、用意に親権を放棄される母親はごく少数です。
「自分で産んだ子供だから」と親権の主張をされるケースがほとんどになります。

そこで、まず考えなければいけないのは、そこで不貞行為(肉体関係)が行われているか否かです。
浮気が行われる現場として真っ先に挙げられのは「ラブホテル」になります。
「ラブホテル」内ではどのような行為がなされているかは周知の事実ですので、「ラブホテル」の場合、複数回の出入りを証拠として押さえれば、ほぼ間違いなく不貞行為があったと認められます。

では、他の場所はどうでしょう?
普通に考えられるのは「ビジネスホテル」といったラブホテル以外の宿泊施設と、「自宅」や「愛人宅」といった場所になります。
たまに浮気相手と会う為に、不倫専用のマンションを借りているケースもありますが、証拠としてはご自宅や愛人宅での不倫と同様と考えても構いません。

ラブホテルであれば、その施設を利用している事実そのものが不貞と直結しているので、出入りの証拠があれば十分不貞が認められる材料になると申し上げましたが、自宅の場合は「話しをしていただけ」「相談に乗って貰っていただけ」などと言い逃れをされる可能性があります。
宿泊までしているのであれば、出入りの証拠を繰り返し撮影するだけでも不貞行為として認められるでしょうが、そうでない場合は出入りの証拠だけでは弱いと言わざるを得ません。

そこで重要となるのが
【密室の空間で男女が数時間共に過ごしている事実】
を繰り返し、証拠として撮影することと
【浮気相手と会っている時の証拠】
等を併せて、不貞の証拠とすることです。
デート場面があれば一番ですが、仲よく食事をしている姿など2人が交際関係にあることが推認される証拠が必要です。
妻や夫が浮気相手を自宅に引き入れているというケースでは、自分の自宅でもあるわけですので、ボイスレコーダー等での音声録音データも、出入りと併せるのに有効な証拠となります。

と同時に、理解していただきたいのは
【不貞行為は民事事件】であるということです。
一般の皆様の大半は、刑事事件と混同し、「疑わしきは罰せず」といった言葉を想像され、浮気を証明するには肉体関係を確実に証明できるだけの証拠がなければダメと思われているようです。
しかしながら、その論理に当てはめれば、たとえラブホテルに10回入った証拠を押さえたとしても、「セックスはしていない」という言い逃れが通用することになります。
となれば、不貞の証明は「セックスをしている現場を証拠撮影しないとダメ」ということになってしまいます。
ですが、民事裁判ではそこまでの証明責任は求められておらず、判断も裁判官の心証に委ねられているというのが実情です。

ですので、裁判で勝てる浮気の証拠というものは、裁判官が「浮気をしているに違いない」との心証をもってもらえるかそうでないかになるのです。
また、提出された証拠はほぼ全てが採用となるのが民事裁判です。
浮気相手が、配偶者しかいない自宅を出入りする写真をはじめ、他にどんな些細な証拠でも構わないので全て出すことにより、「ああ、これは浮気をしているに違いない」と判断されれば、勝てるという事です。

名古屋の浮気調査はお任せ下さい

浮気調査 不貞行為とは・・・
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要とされる。

このページの先頭へ