愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

プロ探偵による無料相談実施中

浮気問題の解決方法ご提案

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

不倫のリスク

「W不倫」「愛人契約」「社内不倫」

不倫にも様々なケースがありますが、ここでは、不倫を行うについて負う可能性のあるリスクを男女別にご紹介します。

男性の不倫のリスク

男性が負うべき離婚のリスク

自身が既婚者で、配偶者に浮気が発覚した場合、離婚に発展してしまうリスクがあります。

不貞の事実がある限り、いくら離婚をしたくないと主張しても、配偶者が裁判も辞さない覚悟であれば、いずれ離婚は認められることになります。
そうなると、【親権】【慰謝料】【財産分与】【養育費】【年金分割】など、離婚に伴う条件が決められます。
金額は資産や収入などによって異なりますが、決して安い金額でないことは容易に想像できるでしょう。
また、W不倫の場合、不倫相手の夫からの慰謝料請求も避けられません。

不倫現場

仕事を失うリスク

社内不倫の場合、どこまで認められるかは職種や役職・会社規則の内容などにもよりますが、配偶者側が会社の管理責任を追及し、会社に損害賠償請求を請求することも可能です。
そうなると、当然、会社側に社内不倫の全貌が知られることになってしまいます。

最悪、昇格や左遷、場合によっては解雇などの処分も考えられます。
また、会社への損害賠償請求を盾に高額の慰謝料を請求される可能性もあり、それを避けたければ甘んじて高い慰謝料を払うはめになっていまします。

女性の不倫のリスク

女性の場合も、自身が既婚・独身に関わらず、不倫が発覚すると様々なリスクが発生することになります。
男性の負うべきリスクも参考にしながら考えていきましょう。

女性の不倫

女性が負う可能性のある離婚のリスク

自身が既婚者である場合、男性同様、配偶者から離婚を求められた時には最終的に離婚は認められます。
また、当然、夫からの慰謝料請求と、W不倫のケースでは浮気相手の妻から慰謝料請求をされる可能性があります。

親権については、不貞と親権問題については基本切り離して考えられることが多い為、母親としての務めをしっかり果たしていれば親権は有利に進められます。
しかしながら、不倫をするには時間が必要です。
子供を実家や夫に預けたまま、不倫を繰り返していた事実などがあれば、父親側に親権が見認められるケースがあります。
親権が父親にというケースは増えてきており、その場合は、相手に養育費を支払わねばなりません。

仕事に対するリスク

これも男性同様、職場不倫のケースでは不倫相手の妻が会社の管理責任を追及するとなると、必然的に社内不倫の内容がが会社にばれます。
その結果、、どうなるかは、今の会社を考えるとわかることでしょう。

名古屋の浮気調査はお任せ下さい

浮気調査 不貞行為とは・・・
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要とされる。

このページの先頭へ