愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

プロ探偵による無料相談実施中

浮気問題の解決方法ご提案

ご相談やアドバイスは全て無料

無料相談電話番号0120135007

無料メール相談フォーム

モラハラ離婚

性格の不一致が離婚原因とされる離婚の中でも

モラハラ(モラルハラスメント)が原因とされる離婚が増えてきました

ただ、外傷などの証拠が残りやすいDVに比べ

モラハラは言葉や態度によって行われる為

ともすれば「我慢が足りない」「自分の性格にも問題が・・・」とされ

モラハラ加害者の多くは対外的にはいい人に思われがちで

他人には理解され難いこともあり

長い間モラハラ被害に遭っまま、問題解決が長引くケールが多いのが実際です

また、モラハラを離婚原因とした離婚裁判においても

DVに比べるとモラハラの証明は難しく

請求却下の判決が下されることも少なくはありません

では、我慢しがたいモラハラ行為にただただ我慢するしかないかといえば

決してそうではありません

証拠が少ないことにより、婚姻を継続しがたい事由だと判断されないだけで

モラハラ被害が我慢のし難い不法行為だと認めてもらえれば

離婚を認める判決がでるのです

そこで、重要なのはモラハラ被害を証明する証拠

会話であれば録音=証拠保全

メールであれば保存=証拠保全

メモなどがあれば保存=証拠保全

日記なども証拠の1つとなります

重要なのは証拠の質と量、そして、モラハラの期間です

同時に、モラハラをやめるようお願いした事実というのも有効なことです

ですので、モラハラがある場合には

今すぐ離婚するかしないかというのは後で考えれば良いとしても

早い段階で専門家に相談し

とりあえず証拠保全方法などのアドバイスを受けることです

それを使うことなく生涯を過ごしたとしても

離婚が可能という選択肢がある中で、婚姻関係の継続を選んだ結果ですから

泣き寝入りの人生とは大きく異なります

いいですか、いくらモラハラ被害を訴えたところで

相手がそれを否定すれば、証拠を示さない以上

モラハラがあったとも無かったとも判断されません

どのような証拠であれ、証拠というものは

その時しか集められない、当事者しか集められないことばかりです

今日のことは明日になれば、昨日となってしまいます

昨日の会話を今日証明することは不可能です

また、モラハラ被害の証明は根気のいる作業となり

ともすれば諦めてしまう方もいます

けれども、諦めてしまえばその関係が継続されるだけで

解決することは決してありません

たとえ、離婚が叶ったとしても

自分の我儘で離婚する有責配偶者となり慰謝料請求をされたのでは

たまったものではないでしょう

その場合、離婚後には悪妻(悪い夫)と言いふらされても

抗弁の場さえありません

モラハラは根が深い、難しい問題です

だからこそ、それを理解した上で、正しい対処法をとることです

何の材料もなしに

「裁判官はわかってくれる」

「悪はいつかは正される」

といった考えは捨てましょう

名古屋の浮気調査はお任せ下さい

浮気調査 不貞行為とは・・・
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要とされる。

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

住所:〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武1-2-1カネジュービル5F
TEL:0120-135-007 / 052-433-1616

このページの先頭へ