愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

プロ探偵による無料相談実施中

浮気問題の解決方法ご提案

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

浮気の慰謝料請とは

浮気(不貞行為)による慰謝料請求は、浮気をしていた夫(妻)は貞操義務違反として、その浮気相手からは共同不法行為の当事者として、不法行為(不貞行為)により受けた精神的苦痛に対して支払われるお金のことになります。

不貞行為そのものが不法行為であることから、配偶者と浮気相手がどのような経緯で不貞関係になったのかなどの理由は関係なく請求ができます。

但し、不貞行為に及んだ時点以前に、浮気をした配偶者との婚姻関係が完全に破綻していた場合や、配偶者が既婚者であることを隠して不貞関係になり、浮気相手は既婚であることを全く疑わず知る立場にもなかったなど、完全に過失がないとされた場合、暴力や脅迫によって肉体関係があったなどといった場合は、慰謝料が認められないケースもあります。
 ※ただ単に疑わなかったという程度では認められることが大半です。

認められる慰謝料の金額

一般的な浮気の慰謝料の相場としては、50万円~400万円程度とされているようです。
ただ、これはあくまで裁判による決着の相場で、和解や話し合いによる決着の場合は、もっと高額な金額になることも多々あります。

では、同じ不貞行為なのに、なぜ、それほど大きな差があるかというと

その浮気によって

  • 離婚をすることになった
  • 別居をすることになった
  • 浮気が原因でうつ病になった
  • そのまま夫婦関係を継続する

など結果の重大性が異なることや、婚姻期間・婚姻生活の状況・悪意性といった様々な要因により、それぞれの浮気の状況が異なる為、個別に判断されているからです。

算定の主たる基準となるのは、その不貞によって「どれほど重大な結果になってしまったのか?」「どれだけの悪意性があったのか?」が重要になります。

慰謝料請求に必要な浮気の証拠

確実な浮気の証拠がない場合でも、配偶者や浮気相手が不貞行為を認め、慰謝料を支払ってくれるならば、確定的な浮気の証拠は必要はありません。

ただ、現実は双方が不貞行為を易々と認め、簡単に高額な慰謝料を支払ってくれるかといえば、そうではないでしょう。

また、一旦は認めたとしても、いざ慰謝料を請求する段階になって

  • 不貞(肉体関係)までの意実は無かった
  • 認めないと終わらないと思って、認めただけ
  • 脅迫されたので認めてしまった

などと、証言が一転してしまうこともあります。
その場合は動かぬ証拠が必要となってしまいますが、その時点で浮気の証拠を集めるのは極めて困難になることから、予めそういったことも想定し、早い段階で確実な浮気の証拠を掴んでおくことをお勧めします。

浮気の慰謝料請求とは、本心はどうであれ、行われた浮気をお金で決着をつけるということです。
ただ、不法行為における損害賠償請求は、生じた被害を救済する正当な行為であることから、被害者である慰謝料請求側がさらに心を痛め、悩むことではないことから、法律の専門家である弁護士等に依頼して粛々と進めるのがベストでしょう。

名古屋の浮気調査はお任せ下さい

浮気調査 不貞行為とは・・・
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要とされる。

このページの先頭へ