人格障害という精神疾患 探偵ブログ

境界性人格障害(境界例・ボーダーライン)は境界型パーソナリティ障害とも呼ばれる精神症と精神病の境界にある精神疾患のことです

誤解がないように、まず最初に申しあげておきたいのは、差別と区別は違うということです。

他の記事をご覧いただければわかっていただけると思いますが、私は差別主義者ではありません。

心を患っている方を差別する気は微塵もありません。

ただ、探偵という仕事での、様々な男女トラブルに携わる中、ボーダーラインの症状が疑われる方との交際関係において、特にその別れの場面での、悲惨な事案を数多く経験してきたことから、「ほんの少しでもアドバイスができたら・・・」という思いから記事を書いているまで。
もしも気分を害されるようなことがあれば、心よりお詫び申し上げます。

当然ですが、全ての境界性人格障害の方が同じような結果になるというのではありません。
あくまで私が経験した中での、悪い結末になった記憶の範囲でということになります。

境界性人格障害の傾向と特徴

ボーダーラインの症状が疑われる方の特徴として、当人の意に沿わぬ別れ話がなされた時に見られる症状に、相手に対する執着の凄まじさや攻撃性の高さという特徴が挙げられます。

また、周囲を味方につけることに長けているといった傾向がみられ、相手の弱みをみつけると、とことん突いてきます。

会社、同僚、友人などは勿論、時には警察など、利用できるものを見つけ、ここが相手の攻め所だと察した時には徹底した攻撃姿勢が現れます。

人の二面性

攻撃性とは別にリストカットなど自傷の症状がみられたりもします。

他の人の目を自分に向けたいという欲求や、心の痛みを体と共有したいとする行動など、自傷行為の目的は様々です。

対応で大切なのは、「決して感情的にならない。」「対応する時は内容を理解してくれる誰かに同席を頼む。」など、1対1の口論や喧嘩にならないよう心がけることが大切です。
境界性人格障害が疑われる相手と交際相手や配偶者の立場が口論したところで、最初から勝負は決まっており、勝てることは決してありません。

仲介者や専門家の重要性

信頼のおける方に仲介に入ってもらうようにする方法や、弁護士などに依頼して代理人を立てるのも1つの方法です。
万が一のケースも想定し、自分が不利にならないよう注意することです。

もし、相手に弱みを握られてしまった場合には、諦めなければいけないことが出てくるでしょう。

例えば、会社に知られてしまったら困るというケースでは、自分から会社に報告するくらいの覚悟も持たねばなりません。

必ずと言っていいほど、弱みを握られた部分でトラブルになるからです。

DVなどの被害者を装って警察に通報されることが想定されるのであれば、最初から最寄の警察署に事情を話し、相談しておくことをお勧めします。

子供を盾にしてくるケースでは児童相談所。

とにかく、あらゆる可能性を考え、先に手を打っておくことです

ここでのポイントは、予めボイスレコーダー等を購入し、どのような会話でも録音しておく癖をつけておくことです。

また、復縁の可能性がないのであれば、何が起きようとも決して情けを見せないことが大切です。

「リストカットを繰り返し、それを心配するあまり、際限なくずるずる・・・。」というのは、あまりにも多いことです。

119番に通報するくらいに留めておく様にして下さい。

ストーカー的な言動が伴うようであれば、もう、自分の手で解決するのは難しく、必要な証拠だけを収集した上で、警察などのプロにに対応を任せるしかなくなります。

その後は一切自分は関わらない!これが一番です。

ただただ接触や連絡を避け、相手の気が違う人物に向くのをひらすら祈る。

これが最も適切な対処法だと考えます

調査以外の境界性人格障害(ボーダーライン)を含めた心の病についてのご質問やお問い合わせは、専門資格を持つ医師の方にされることを強くお勧めしております。

お医者さん

2017/03/14 追記

境界性人格障害について、多くのご質問をいただいている中で、当ブログの内容について繰り返し厳しい指摘をされてくる方がいますが、本文にあるように差別の意図は全くなく、あくまで探偵として個人的に経験してきた事実を元に書いたまでです。

本コラムは少なくとも表現の自由とされる範囲のずっと下にある内容であるとも考えています。

他人を罵倒すれば、気晴らしになるやもしれませんが、面と向かって言えない事をメールならと身分も明かさずに誹謗中傷するのは褒められたものではありませんし、匿名のつもりでも、送信者の特定は十分に可能です。

繰り返されるようであれば威力業務妨害に該当する可能性もあることから、お慎みいただきますよう、宜しくお願い致します。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
当ブログの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
ご相談や打ち合わせに便利な名古屋駅近く