何者かによって電磁波攻撃を受けている 探偵ブログ

電磁波攻撃による被害を考える時、電磁波測定調査のページでもご紹介していますが、まずは電磁波というものを理解しなければいけません。

電磁波とは?

電磁波(でんじは 英: electromagnetic wave)は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波(波動)である。 いわゆる光(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。電磁放射(英: electromagnetic radiation)とも呼ばれる。
現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。
電磁波は波であるので、散乱や屈折、反射、また回折や干渉などの現象を起こし、 波長によって様々な性質を示す。 このことは特に観測技術で利用されている。
微視的には、電磁波は光子と呼ばれる量子力学的な粒子であり、物体が何らかの方法でエネルギーを失うと、それが光子として放出される。
また、光子を吸収することで物体はエネルギーを得る。

電磁波攻撃を可能とする装置(機器)

電磁波攻撃による被害を訴える方の多くは、電磁波発生装置といった何からの機器により電磁波を発生させ、対象人物に攻撃するビームのようなものをイメージされていることが多い傾向にあります。

電磁波によるビーム攻撃

しかしながら電磁波はビームのようにまっすぐ照射できるようなものではありません。
また、仮に健康被害を生じさせられるような強力な電磁波を発生させられる装置を莫大な研究費をかけて発明したとしても、それを操作する人物が真っ先に健康被害を受けることが想定される上、相当量の電力が必要とされることから、装置の設置にはキュービクル(高圧受電設備)が必須となるでしょう。

キュービクル 高圧受電設備

ネット情報では様々な電磁波攻撃やそれに付随する対策に関する情報が溢れているようですが、どれだけの強さによる電磁波をどれだけ浴びればどのような健康被害があるかを明確に示している情報元はありません。

総務省も否定する電磁波や電波による人体攻撃

日本の総務省も「電波で人体を攻撃できますか?」との質問に対し、「日常の生活空間で人体に影響を与える電波はありません。また、人体を攻撃する電波(機械や装置)はありません。」と明確に否定されています。

電磁波攻撃が可能とする正体不明のネット情報を信用するかは自己責任の範疇で判断されるとしても、国の専門機関が示されている情報も考慮されるべきではないでしょうか。

総務省

WHO(世界保健機関)による電磁波被害の見解

電磁波被害に関し、WHO(世界保健機関)からの発表によると

  1. 電磁波による健康影響について、全世界で多くの研究が行われているが、それらの研究の結果を総合的に判断して、身のまわりの電磁波で、小児白血病に関連する証拠は因果関係とみなせるほど強いものではない。その他の疾病は更に証拠が弱い。
  2. 非常に強い電磁波を浴びた場合には、筋肉や神経に刺激作用を与える場合があるため、このような作用を与えないための国際的なガイドラインを採用すべきである。

といった肯定も否定もしないといった曖昧な内容でありますが、これはあくまで一般的にある電波などが発生する可能性のある設備や機器に対してであり、特定の人物に向けた電磁波被害を発生させるような機器の存在は発表されていません。

マイクロ波兵器について

2021.2.24、「中国人民解放軍、マイクロ波兵器すでに実用化か」という記事がありましたのでご紹介しておきます。

そこには、「どうやら中国のマイクロ波兵器は実戦で利用できる段階まで進んできた可能性が高い。」と記されていますが、国家が主導する兵器開発レベルの話しであり、機密性の高い最新の兵器を国外の一般人に対して使用する可能性はありません。

また、いくら指向性を高めたとしても、マイクロ波をピンポイントで個人のみに照射することはできないでしょう。

マイクロ波攻撃に関する相談はお断りしています

上記理由により、国家レベルでの研究開発が必要なマイクロ波兵器に関する質問を民間の探偵社に向けられても、アメリカでさえ解明できないことをお答えのしようがありません。
マイクロ波兵器に関するお問い合わせはお断りしています。

著作権/無断転載・引用禁止について

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
当ブログの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
ご相談や打ち合わせに便利な名古屋駅近く