継続性の原則の無敵性 探偵ブログ

20年連続日本一の探偵事務所

平成29年7月12日

日本国の最高司法決定機関である最高裁判所が、妻が夫に無断で子供を連れ去った後、離婚および親権を求めた民事裁判の判決がありました。

長期に及んだ親権争いの一審は夫の勝訴

連れ去った日から7年という長い月日が経過しました末の裁判でした。

双方が親権を主張する中、夫は「年間100日程度」という驚くほど多くの面会交流日数を提示、それに対し、妻は「月に一回、2時間程度」という面会交流日数の主張をされました。

親権争い

1審の地裁判決は夫に軍配が上がる結果となりました。

子供の親権は、子供が両親とより多く面接よりできる提案をした夫側が親権者に相応しいと判断されたのです。

地裁判決を不服とした妻は控訴し、親権争いは高裁で審理されることに。

逆転判決

控訴審では逆転判決が下される結果となりました。

高等裁判所は日本古来の考え方である子供と一緒に暮らしている親が親権を持つべきという継続性の原則を重視し、妻を親権者と指定しました。

簡単に説明すると、「今、お母さんと無題なく暮らしているなら、そのままで良いでしょ。」「子供の親権を変更することで子供の精神状況が悪くなったらどうすんの?」ということになるでしょう。

この結果は承服できないと、今度は夫が控訴。

親権争いに勝った妻

最高裁判決

そして、最終決着がなされる最高裁。

4人の全ての裁判官が全員一致で親権者は妻との判断を下しました。

これで、こと日本国において親権確保の為には、「是が非でも子供を手元に置いておかねばならない」ことが確定したわけです。

妻が親権を得るには子供を連れ去って一緒に暮らすことが条件となり、夫が親権を得るには子供を連れ去って一緒に住むか、妻だけを家から追い出すことが条件となるということです。

親権争いにおける継続性の原則の無敵性

良い悪いではなく、日本の司法最高決定機関がそう決めた以上、争ったところで勝ち目がないことがハッキリしたわけで、従わざるをえないのが事実ということになります。

その現実を理解した上で、親権を欲する夫や妻がどういった選択をするかは、それぞれの方の判断に委ねられます

親権を決める際には継続性の原則が重視されるということが最高裁判例となった今、継続性の原則の無敵性が証明されたことにもなり、寛容性の原則(フレンドリーペアレントルール)で争ったところで勝ち目はほぼないということになります。

共同親権の導入も検討中

日本でも欧米で広く採択されている共同親権制度の導入も議論されているようですが、「子供の負担が大きくなるのではないか?」「虐待などの問題がある親の場合は?」などの意見もあり、まずは子供が不利益がない法整備が必要という状態です。

共同親権を進めるには大勢の国会議員の賛同がなければ、今の単独親権制度が続くということです。

親権問題

著作権/無断転載・引用禁止について

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
当ブログの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
ご相談や打ち合わせに便利な名古屋駅近く