機動性では敵なしのオートバイ

オートバイでの尾行調査

バイクが走っていること自体が珍しい田舎は例外として、一般的な市街地においての尾行調査では、こと尾行という部門に限定すれば二輪車に敵う車両はないでしょう。

過去に弊社が行ってきた難しい内容の調査においても、二輪の調査部隊に助けられたという経験は数多くあります。
探偵社の運営方針は様々あるでしょうが、弊社の場合、二輪車を使った尾行は、尾行調査に無くてはならないものであるとの位置づけになります。

実は二輪車を使える探偵社は少ない

全ての探偵社の内情を知っているわけではありませんが、愛知県内にある探偵事務所の中で、尾行調査に二輪車を積極的に編成している探偵社の存在を耳にしたことがありません。

自動二輪車を保有していない探偵社が殆どであるのが実情ではないでしょうか。
そもそも、中型・大型を問わず、自動二輪の免許を取得されている調査員が一人もいない探偵社も多いようです。

オートバイで尾行調査を行おうとする場合、単にバイクの免許を持っているスタッフがいるというだけでは使い物になりません。
普段からオートバイを運転し、二輪での尾行調査に慣れているということが非常に重要なのです。
また、オートバイでの尾行調査の運転技術は、オートバイでのレース経験があるといった速く走行するような技術はあまり意味がありません。
バイクレースに必要な運転技術と尾行するのに必要な運転技術は全く別になることから、探偵がバイクを使った尾行調査を行うには専門の運転技術や位置取りなどを覚える必要があります。

腕のいい調査員であれば誰しもが尾行調査における二輪車の優位性を理解しているはずです。
そして、探偵社の尾行技術の能力を計るには、オートバイを使った尾行が可能か?という事は外せないポイントとなります。
調査力の高さをうたう探偵社が、二輪車での尾行ができない(又は苦手)というのはありえないことだと思います。

二輪車の機動調査隊

オートバイにGPS発信機はNG

GPSの進化と共に、GPSを使用した尾行調査しかできない探偵(調査員)が増えています。

そのような探偵社は、対象者が二輪車で移動する場合も安易にGPS発信機をつけようとします。
又は依頼人にGPS発信機をつけるよう提案します。

これは弊社では基本、行ってはいけないNG行為であり、禁止しているNGの提案です。

理由はオートバイの場合、隠し場所が乏しいことからGPS発信機の存在が発覚してしまう可能性が高く、調査が失敗するどころか、警戒されて何もできなくなる事態も起き得るからです。

またオートバイが趣味の方は、自分のオートバイを隅々まで磨いたり眺めたりされる傾向があることから、そういった方のオートバイにGPS発信機を取り付けたら、発覚してしまいトラブルになるだけです。

調査費用を抑える為という言い訳になるのでしょうが、バレるくらいなら最初から何もしなかった方が良かったと後悔することになりますので、GPSを使った調査しかできない探偵社には注意が必要といえるでしょう。

二輪車を導入すべき調査事例

四輪車だけでも対応可能な内容の調査もありますが、自由自在に操れ、機動力の高い二輪車を編入すべき内容の調査は数多くあります。
バイクを編入した方が良い調査例をご紹介します。

  • 対象者の移動手段が不明なケース
  • 対象者がオートバイで移動するケース
  • オートバイツーリングなどの尾行調査
  • 繁華街などで、タクシー移動が想定されるケース
  • 車で誰かにピックアップされる可能性があるケース

二輪車には、原動付自転車(50cc)のものから、ビッグスクーター、大型バイクまで様々な種類がありますが、弊社では必要や状況に応じて使い分けています。

二輪車の調査員

二輪車と四輪車の特性

二輪車での調査をご紹介してきましたが、二輪車には二輪車の、四輪車には四輪車の特性があり、メリットやデメリットがあります。

機動力(尾行)に優れた二輪車

走行車両の後ろに隠れるなど、とにかく目立たず、車線変更も自由自在、エンジンを切れば歩行者扱いとなることから歩道も進めます。
特性として四輪車とは比べものにならない加速性能を誇る二輪車は、機動性を含めこと尾行という部門においては唯一無二の存在です。

しかしながら、二輪車での尾行調査には「①撮影が難しい」「②車内に隠れて張り込みができない」といったデメリットも存在します。

撮影や張り込みに優れた四輪車

尾行という部門の機動力においては二輪に劣る四輪車ですが、撮影や張り込みでは四輪車が優位になります。

浮気調査で例を挙げると、対象者が不倫相手と車でラブホテルに入った場合、証拠撮影をするのにバイクを使用してラブホテル駐車場で張り込むことはできません。
車内が見えないようカモフラージュした四輪車を使用することになります。

一般的な尾行調査では二輪車+四輪車の編成が理想的

一般的な市街地や都会での調査では、様々な特性を考慮しながら、二輪車と四輪車を効率よく配置した調査が理想的であるといえるでしょう。

ただ、税金を使う警察の捜査とは異なり、探偵社は民間の調査期間であることから、限られた人員や予算内で調査を行わなければなりません。
費用対効果や状況などに応じ、時には二輪車のみで、時には四輪車のみで調査を行うなど、臨機応変な対応が求められることになります。
そこで重要なのは、調査を設定する責任者(担当者)が十分な調査経験や知識を持ち、適切な提案ができるかです。

能力のない担当や調査力の低い探偵社に依頼すると、無駄な費用が発生することになり、結果、調査力金が高額になってしまいます。
調査に失敗する可能性も高くなります。

良い探偵社というのは、健全な経営がなされ、個々の調査能力が高い調査員を育成する能力があり、優秀なスタッフを継続して雇用することに尽きるのではないでしょうか。

二輪車の運転技術講習会を実施

当探偵社では定期的に二輪車の運転技術向上を目的としたドライビングテクニック講習会並びにツーリング会を実施しております。
このような取り組みをしているのは少なくとも国内では弊社だけでしょう。

探偵のオートバイツーリング

オートバイが趣味の対象者が、浮気相手とバイクツーリングに出掛けるといった内容の浮気調査を自信を持って引き受けられる探偵社はごく限られています。

繰り返しになりますが、オートバイにGPSをつけると高い確率でバレます。
また、オートバイを四輪だけで尾行すると、高い確率で失敗します。
二輪のみもしくは二輪と四輪車での編成が調査を行う必要があります。
どのような内容の調査でもお気軽にご相談下されば、必ずご納得いただける調査のご提案をする自信があります。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
当ブログの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

探偵社へのご相談はこちらから

0120-135-007 (相談無料・秘密厳守・365日対応)
ご相談や打ち合わせに便利な名古屋駅近く