調査を失敗させないために注意すべき事

調査の成功の為に

探偵社を選ぶ女性

求めるべき調査結果が得られるには、自分は何をすれば良いのか?
何をしてはいけないのか?

ここでは依頼人が調査依頼時に注意すべきポイントをご紹介します。

調査は探偵に任せるとしても、自身でが行うべきことがあるのです。

大切な悩みの解決こそ、失敗できない。 確かな探偵社選びが、悩み解決の第一歩です。

【動画】探偵社選びでガルエージェンシーが選ばれる理由

ご相談はこちらから

調査することを対象者に絶対悟らせない

携帯電話を見られないこと

自分はパートナーの携帯やスマホをのぞき見するけれど、相手は決して自分の携帯は見ないと思わない。

ご依頼者の中には、探偵社の担当者名を携帯に登録する際、「田中 探偵」「ガルエージェンシー 田中」のように登録される方や、中には「探偵」など、そのまま記載される方がいます。

自分の携帯は見ないとの理由からでしょうが、浮気の事実を少しでも疑われていることを悟られた場合、パートナーはどこまで知っているのか気になるのが普通です。
そこで、上記のような名前の人とやり取りをしていることがわかったら、「今から浮気調査をしますよ」「調査を行っていますよ」と宣言しているようなものです。
個人名か偽名で登録をし、メールなどのやりとりがある場合は、その都度、忘れずに削除するようにして下さい。

名刺や契約書は100%目に触れない場所に保管

浮気をしている自分いたとして、パートナーが探偵社の名刺を持っていたらどうでしょう?
浮気調査を依頼した」と宣言しているようなものではないでしょうか。
少なくとも、「浮気調査の相談をした」と考えるに違いありません。

それが名刺でなく調査契約書であったらどうですか?
何月何日の何時から、何日まで調査を行うと記載されているのが契約書です。
普通は、その期間だけは浮気相手と会わないようにするでしょう。
また、その後も極端な警戒をして、絶対にバレないように秘密裏に会うに違いありません。

ちょっとした迂闊な行動が、調査を非常に難しくし、結果が得られないようになるのです。
調査契約書が対象者に見られる可能性が1%でもある場合、銀行の貸金庫に保管して下さいとまでは申しませんが、100%見られない場所に保管するよう強くお願いしております。

調査結果報告があるまで証拠収集を焦らない

依頼人の中には、少しでも浮気の証拠を集めたいと焦るあまり、調査中にもかかわらず、探偵社に無断で対象者の寝室や車にボイスレコーダーを仕込んだり、証拠を集めようとする方が少なからずいらっしゃいます。

調査実施日の特定が難しい場合などで、調査日を特定する為に、探偵と打ち合わせした結果のことであれば問題ありませんが、探偵に内緒で暴走され、対象者に怪しまれて動かなくなることがあるので注意が必要です。

浮気は継続されるものですから、調査終了後にも証拠は集まられます。
万が一、自分の行動が発覚してしまった場合でも、調査後であれば、探偵社の証拠はそれだけで証拠能力が高いものですから、問題ないことが大半です。
焦るお気持ち、もっと証拠を集めておきたいとのお気持ちは充分理解できますが、とにかく、1日2日を、1週間を焦らないことです。

調査に必要な秘密は無しに

探偵社の担当に言いにくいことはあるでしょうし、言いたくないこともあるかもわかりませんが、探偵社には法律によって明確に守秘義務が定められています。

探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)

秘密の保持等
第十条 探偵業の業務に従事する者は、正当な理由がなく、その業務上で知りえた人の秘密を漏らしてはならない。
探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても、同様とする。

正しい教育を受けた探偵は、依頼人の秘密を漏らすことは違法であると十分理解しておりますので、決して相談内容が漏れることはありません。

また、情報が間違っていたとしても、調査員は思い込みによる調査は決して行わないよう指導を受けておりますので、こと調査においては、知っておいてよかった情報はあっても、知らなかった方が良かったという情報はないのです。

正しくない可能性のある情報については「間違いかもしれませんが」と一言付け加えていただくだけで結構です。

調査が終わった後に、「話しておけば良かった・・・」「聞いておけば違った方法があったのに・・・」とならないよう、情報提供をお願いしています。

失敗しない探偵社選びのポイント

弊社では円滑に調査を成功させる為、上記でご紹介した事項の他にも、相談内容に応じ、様々なアドバイスやお願いをしています。
その為、ご相談には平均2~3時間を頂いておりますが、全てご説明しておいた方が良いと判断した項目ばかりです。

探偵社を選ばれる際には、探偵社の規模やネームバリューといったことをご参考にされる他にも、担当社員の姿勢といった部分も選定基準の1つとしてお取り入れられ下さい。
真面目に真摯な姿勢で調査に取り組む探偵事務所は、相談時にもその姿勢が表れると思います。

ご相談はこちらから

ページの先頭へ