江戸時代は死をもって償うべき重罪であった不倫 浮気調査コラム

現代では離婚や慰謝料請求が認められる程度の不貞行為(不倫)ですが、江戸時代は男も女も死罪とされ、不倫をされた旦那が妻や不倫相手を殺しても構わないとされていました。

御定書百箇条

江戸時代の不義密通については御定書百箇条の中に「四十八.密通御仕置之事」に記載されています。
内容としては以下の通りになります。

  • 密通致候妻(不倫をした妻):死罪
  • 密通之男(不倫相手男性):死罪
  • 密通之男女共夫殺候ハ:無紛ニおゐてハ無構

つまり、妻が不倫をした場合は死刑、不倫相手の男も死刑。
夫が妻と不倫相手の双方を殺したとしても構わない(罪には問わない)と決められていました。

日本刀

お金で解決する方法もあった

妻の不貞が発覚した場合、あまりにも世間体が悪いということでお金で決着をつけていたこともあったそうです。
首代と呼ばれたその相場は7両2分であり、江戸時代の時期にもよりますが、現在の価値にすると30万円から100万円程度になります。
首代と詫び状がセットにして謝罪と共に渡されるのが通常であったことから、今であれば慰謝料(和解金)と誓約書(謝罪文)といったことになるのでしょう。

小判

不義に関する罪は重かった

密通だけでなく、対面を重んじていた江戸時代は不義に関する罪には非常に厳しく、その多くが死罪や引き廻しの上磔、獄門といった重刑のオンパレードであり、軽いものでも追放や所払いとされています。

日本の貞操観念はそのような背景もあって、時代と共に変化がなされながら今日に至ります。
その上で、密通よりも不義に重きを置くという考え方は今も残っていると思われます。

昭和22年まで存在した姦通罪

時代が明治に変わると刑法 (明治13年太政官布告第36号)において姦通罪が制定されました。

第353条 有夫ノ婦姦通シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮ニ處ス其相姦スル者亦同シ
(夫のある女子で姦通した者は、6ヶ月以上2年以下の重禁錮に処する。その女子と相姦した者も同様とする。)
2 此條ノ罪ハ本夫ノ告訴ヲ待テ其罪ヲ論ス但本夫先ニ姦通ヲ縱容シタル者ハ告訴ノ効ナシ
(本条の罪は、夫の告訴がなければ公訴を提起することができない。ただし、夫自ら姦通を認めていた時は、告訴は効力を有しない。)

姦通罪は終戦後の昭和22年に廃止されるまで存在しました。

海外においては台湾・ベトナム・インドネシア・フィリピンの他、イスラムやアフリカ圏の国々で現在も存在しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照下さい。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
アクセスは名古屋駅より徒歩3分