風俗嬢との不倫は不貞行為? 浮気調査コラム

不倫相手の風俗嬢とラブホテルに入る男性

探偵業務の中で、夫の浮気調査の結果、風俗嬢との不倫が発覚するケースは少なくありません。

その場合に重要となるのは、その不倫が慰謝料や離婚が可能となる「不貞行為に該当するのか?」ということです。

不貞行為であれば、夫だけでなく不倫相手である風俗嬢にも慰謝料請求が可能となるでしょうし、離婚もすんなり認められるでしょう。

それには、まず「不貞行為」がどういったもであるか理解しなければなりません。

不貞行為の定義

民法七七0条一項一号所定の「配偶者に不貞の行為があったとき。」とは、配偶者ある者が、自由な意思にもとずいて配偶者以外の者と性的関係を結ぶことをいう

一言に「風俗嬢と不倫関係にある」と言っても、様々なパターンがあります。

  1. 不倫相手がたまたま風俗嬢だった
  2. 風俗店の常連客から交際関係に発展した
  3. 風俗嬢との店外での裏引きを持ちかけ、援助交際を繰り返している
  4. 同じ風俗嬢を指名をし、頻繁に風俗遊びを繰り返している

大きく分類すると上記1~4に分けられるでしょう。

1.不倫相手がたまたま風俗嬢だった

一般的な不貞行為と同じ扱いになるでしょう。

ただ、慰謝料請求から逃れる為、夫は「相手は風俗嬢だし、お金を伴った関係だった」と、相手女性は「仕事として体の関係があっただけ」と口裏を合わせて言い逃れをする可能性があることを頭に入れて対応する必要があります。

不倫相手の女性が風俗嬢である可能性があるケース(※確定含む)では、ラブホテルの出入りなど、不貞行為の証拠を確保すると共に、様々な言い逃れを想定して、交際関係であるこを証明する証拠を押さえておきべきです。

一般的には、食事やデートを繰り返している様子や、腕を組んで歩く写真などが挙げられます。

不倫相手の風俗嬢と腕を組む男性

2.風俗店の常連客から交際関係に発展した

不倫相手の女性が、以前に指名していた風俗嬢であったということまで調査によって割り出すのは費用的にも難しく、想定されるケースは

  • 女性とのメールやラインのやりとり等から判明
  • 問い詰めた結果、夫がそのそうに自白した

といったことになるでしょう。

であるなら、女性とのメールやラインのやりとり等から判明している場合、【1.不倫相手がたまたま風俗嬢だった】と同様に、言い逃れをされる前提で進める必要があります。

夫の自白から判明した場合は、言い逃れの口裏合わせをされる前に、不倫関係(不貞関係)であることを書面などに書かせておくというのも1つの方法です。
ただ、後になって強引な言い逃れをしてくる可能性も含め、慎重に進めましょう。

3.風俗嬢との店外での裏引きを持ちかけ、援助交際を繰り返している

本当に援助交際の関係であったら、夫に対する慰謝料や離婚請求は認められるでしょうが、相手女性に対する慰謝料請求は微妙になります。

ここまで不貞に至る事情が判明しているのであれば、状況はこれも上記2点のパターンになるでしょう。

いずれにせよ、相手女性に不貞行為の慰謝料を請求する場合は、援助交際のみの関係ではない証明が必要になります。

4.同じ風俗嬢を指名し、頻繁に風俗遊びを繰り返している

不貞行為に該当するかどうかは内容によりますが、度を超えた風俗遊びやそれに伴う散財が原因で夫婦関係が破綻したということであれば、民法770条1項5号の「その他、婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する可能性があり、夫に対する慰謝料請求や離婚請求が可能です。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

探偵社へのご相談はこちらから

0120-135-007 (相談無料・秘密厳守・365日対応)
アクセスは名古屋駅より徒歩3分