同性愛の調査 浮気調査コラム

「夫や妻が同性愛の可能性がある」

「息子の部屋を掃除していたらゲイ関連の雑誌が大量に・・・」

などと同性愛に関する相談をお受けする機会が多くあります

皆様、ご存じであると思いますが、前提として

同性愛は違法行為や不法行為ではないということをご理解下さい

従って、たとえご主人がゲイであるとしても

民法でいう【不貞行為】には該当しない

という判断になるというのがこれまででしたが

同性愛が市民権を得ている中

同性愛である配偶者が第三者と肉体関係がある場合は【不貞行為】である

と認められる傾向にはなりつつあります

少なくとも同行為が【婚姻共同生活の平和の維持】という意味においては

夫婦行為を破綻させる行いであると判断されることになるでしょう

夫がゲイであると知りながら夫婦生活を続けられるかといえば

続けられないと考える女性も多くおられると思います

その場合は「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当し

裁判により離婚が認められる可能性があります

また、同時進行でセックスレスである時は

同性愛に加えてセックスレスを原因とした離婚を申し立てることにより

離婚が認めらる可能性は非常に高くなります

配偶者が同性愛者であり離婚をお考えの方は

第三者と肉体関係を伴う同性愛であるのを証明すると共に

離婚や慰謝料請求を弁護士等の専門家に相談されることをお勧めします

次にご子息が同性愛であるかの疑惑が生じた場合

ご心配されるご両親は多いかと存じます

そこで大切になるのは「真実を知る」ということではないでしょうか

今、同性愛である事実を受け止められるかどうかもありますが

同性愛であった場合

いつかは認めなければいけない時が来るやもしれません

また、本人からカミングアウトされる日が来るかもしれません

もしかすれば、勘違いである可能性もあります

悩み、疑い、日々を暮らすのであれば

先に真実を知るというのも1つの方法であります

現実に今の世の中は、自由な社会です

それだけに様々な問題が生じることがありますが
目の前に起きた問題に対し、どう判断するかも様々になります

親族の同性愛問題

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

探偵社へのご相談はこちらから

0120-135-007 (相談無料・秘密厳守・365日対応)
アクセスマップ