不倫の慰謝料にも時効がある 浮気調査コラム

「夫の浮気」

「妻の不倫」

配偶者の不貞行為が原因で夫婦関係にピンチが訪れた時、貴方はどのような対処をしますか?

  • 離婚をして不貞配偶者に財産分与や慰謝料の請求をする
  • 離婚をして、不貞配偶者と不倫相手双方に慰謝料請求をする
  • 離婚しないで、不貞配偶者だけに慰謝料請求をする
  • 離婚しないで、不貞配偶者と不倫相手双方に慰謝料請求をする
  • まずは夫婦間で話し合いをしてから決める
  • 今は何もしない(将来的には考えるかもしれない)

様々な対処法がある中

「まずは夫婦間で話し合いをしてから決める」
「今は何もしない(将来的には考えるかもしれない」

を選ばれた方は

不倫の慰謝料請求にも民法における消滅時効があることをご存知でしょうか?

不法行為における損害賠償請求の時効

不倫や不貞の慰謝料請求のことを法律では、「不法行為における損害賠償請求」と表します。

まず、時効が発生する根拠となる部分は

民法第167条:債権は、十年間行使しないときは、消滅する。
債権又は所有権以外の財産権は、二十年間行使しないときは、消滅する。

民法第724条:不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

になります

つまり

不法行為(不貞)の事実を知った時より慰謝料を請求することなく

3年が経過してしまえば時効

まったく気が付くことなく過ごした場合は

その不貞が終わった日から20年

支払いが決まっても払わない時は10年で時効となります
 ※債務存在確認訴訟にて10年延長

セクハラやDVにおいても3年で時効となってしまう可能性がありますので

注意が必要です

逆にいえば

不貞が発覚した場合、とにかく謝り倒して気を収めて貰い

3年間が過ぎてしまえば時効となり

それが過ぎた後、配偶者どのような態度に変貌しようと

慰謝料は請求できず、騙された方が悪い

とされてしまう可能性があるわけです

お気を付けください

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

探偵社へのご相談はこちらから

0120-135-007 (相談無料・秘密厳守・365日対応)
アクセスマップ