既婚の事実を隠して肉体関係 浮気調査コラム

浮気調査で不倫カップルを撮影する探偵

婚活サイトやマッチングアプリで既婚男性が独身と偽り、性的関係のみを目的とした女性を探すケースが増加しています。
独身だと騙して肉体関係をもった場合の慰謝料請求の金額や相場とは?

独身だと騙されての肉体関係に悩む女性

スマートフォンの普及に伴い、数多くの婚活サイトやマッチングアプリの存在に目をつけ、既婚男性が肉体関係だけを目的とした女性探しが現れるようになりました。
今やマッチングアプリは既婚男性で溢れ、不倫相手を探す草刈り場となっているのが現実です。

その要因としては

  1. 婚活サイトやマッチングアプリ独身証明書などの提出規約が無い
  2. 出会い系サイト感覚での利用者の増加
  3. サイト(アプリ)がさまざま詐欺の温床となっている実態

といったことが挙げられます。

マッチングアプリで不倫相手を探す既婚男性

既婚者であるとの確認方法は限定されている

婚活サイトやマッチングアプリで男性と知り合い、交際のような関係が続く過程で、「もしかしたら既婚者では?」との疑いを持ったとしても、独身であることを確認する方法は限られてしまいます。

そもそも、最初から騙すつもりの相手ですので、容易に白状する可能性は低い上、「もし、間違いだったら」と疑うこと自体に罪悪感を感じてしまう方も多いでしょう。

確実に調べる方法としては

  1. 弁護士に依頼して戸籍謄本を入手する。
  2. 探偵社などの調査会社に依頼する。

といった方法になります。
弁護士に依頼するのが最も確実といえますが、少なくとも確実な氏名および住民票にある住所が必要となり、単身赴任中や妻とは別居中などで住民票地に住んでいない場合や、職場しか知らないケースでは戸籍謄本の入手は難しくなります。

独身と偽っての性行為で慰謝料請求は可能か?

独身だと偽り、既婚を隠しての交際や恋愛についての慰謝料請求の判例は多くあります。

探偵社のサイトでご紹介すると、営業的に捉えられてしまうかもしれませんので、「独身」「判例」「慰謝料」などのキーワドで検索していただければ、関連する判例を紹介した弁護士事務所のホームページがいくつもヒットするはずです。

金銭を伴った交際は結婚詐欺の可能性も

上記でもご紹介した通り、婚活サイトやマッチングアプリは結婚詐欺の温床となっている現状があります。

詐欺師は詐欺の事実が発覚した時を想定して、自分の素性を知られないようにするのは当然として、性行為中の様子を撮影するなど、被害届を出しにくい状況にするという傾向があるので注意が必要です。
詐欺目的ではなくとも、リベンジポルノといった別の問題が生じる可能性もあります。

騙されていると感じた時は

ありふれたアドバイスになって恐縮ですが、早い段階で真実を知ることが大切になります。

お金や心の問題もありますが、一度しかない大切な人生の貴重な時間を奪われることになりますので、とにかくその悪夢のような時間は短くしないといけません。

妻とは破綻関係、近々離婚するとの言葉

疑惑をもたれた後も、既婚の事実を隠し続るケースが多い傾向にはありますが、中には隠し通せずに既婚である事実を告白した上で

  • 妻との夫婦関係は破綻している
  • 別居中でいずれ離婚する
  • 家庭内別居中

などと、なんとか交際を継続しようとするケースもよくあります。

半ば泣き落としに近い状況で、相手の情に訴えかけるというよくある手法になるのですが、これに騙される女性が多いのも実情です。
このパターンでの注意点は、既婚の事実を知った時点で不貞行為(不法行為)の加害者になる可能性があるということです。
相手の奥さんが不倫に気付き慰謝料請求をされた場合、認められることになるでしょう。

嘘つきは最後まで嘘つきだと思うこと

どのような理屈を言ったとしても、嘘をついている事実は変わりません。
中には、既婚だと疑われていることを察して、先制攻撃で白状し、交際の継続を画策するパターンもありますが、弊社が調査した同様の調査で、そういった経緯を経ているカップルがハッピーエンドを迎えたケースはただの一件もありません。

慰謝料請求することで本性がわかる

誰しもが、「自分だけは騙されない」「独身は嘘でも愛情は本物」「騙されただなんて、認めたくない」「このまま上手くいきたい」などと思うものです。

これは同類のトラブルをよく扱う探偵としての立場からのアドバイスになりますが、慰謝料請求した後に相手の本性がわかります。
その恋愛がハッピーエンドを迎える可能性があるとしたら、よほど法外でない限り、相手が納得する金額を慰謝料として払った上で、ただちに妻とは離婚することが最低限の条件ではないでしょうか。

既婚の事実を知った上での交際は、慰謝料請求の対象

既婚である事実を知った後、それでも男性が離婚しないまま交際を続けたとしたら、相手男性の妻にとっては不貞行為の相手であり、慰謝料請求の対象となる可能性があります。

彼の言葉を信じるのは自由ですが、もしその状況で弊社が浮気調査を行い、弁護士を介して慰謝料請求をすることになった場合、ほぼ100%幾らかの慰謝料は支払うことになるのでしょう。

「既婚であるとは知らなかった」との言い逃れが可能と考える方は多くいますが、それを覆す方法はいくらでもあることから、被害者であったはずの女性が、加害者になってしまうケースは少なくは無いのです。

著作権/無断転載・引用禁止について

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照ください。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
アクセスは名古屋駅より徒歩3分