内縁関係や事実婚での不倫 浮気調査コラム

浮気調査で不倫カップルを撮影する探偵

近年になって内縁関係や事実婚にある方からの交際相手の不貞(浮気)問題が原因での浮気調査のご相談が増えています。

浮気の証拠撮影

内縁関係の解消を覚悟し、慰謝料請求が目的である方も少なくはありません。

内縁関係とは?

慰謝料請求などをお考えの場合、内縁関係や事実婚の定義を知っておかなければなりません。

内縁(ないえん)とは、社会一般においては夫婦としての実質をもちながらも、婚姻の届出を欠いているために法律上の夫婦と認められない関係をいう

事実婚とは、社会慣習上において婚姻とみられる事実関係をいい、婚姻成立方式の分類上においては、事実婚は無式婚とも呼ばれ婚姻に一定の儀式を要求する要式婚(形式婚)に対する概念とされる。

要は婚姻届を出していないだけで、後は婚姻届を出した夫婦と全て同じということです。

具体的には

  • お互いに内縁関係であることの共同意識の保持
  • 夫婦共同生活の実態が存在

といった事実があることが前提となります。

交際の延長線上での同棲とは違うとの認識が必要です。

さらに具体的に述べると

  • 内縁関係(同棲)の期間
  • 家計の同一性(通帳の同一等)
  • 夫婦と同じ生活実態(家事の分担など)
  • 両方の家族や親族との関係(冠婚葬祭への出席など)
  • 周囲の方の認識

いわば、自分たちは結婚届をいないだけで夫婦としての意識がお互いにあり、周囲の方々もそのように見ている。

また、財布(家計)も同じにしている事実などです。

慰謝料請求も可能

それらが満たされ、内縁関係であると認められる場合には、一方的な内縁関係の破棄に対して慰謝料請求や財産分与が認められたり、年金分割が認められることもあります。

不貞行為(浮気)に対しては婚姻届を出された夫婦と同様に慰謝料請求が認めらる可能性があります。

ただ、浮気相手への請求という問題に対しては少し微妙な部分があります。

浮気相手が「内縁関係や事実婚関係にある存在」の事実を確実に知っていたとの証明が必要になるからです。

とはいえ、慰謝料請求が不可能であるということでは全くありません。

浮気相手が同僚であったり、知人であったり、内縁や事実婚でることを知り得る立場であったケースや、内縁関係である事実を知らせた後も、浮気を継続しているようなケースでは慰謝料請求は可能です。

あくまで、浮気の実態におけるケースバイケースでの判断ということです。

著作権/無断転載・引用禁止について

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照ください。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
アクセスは名古屋駅より徒歩3分