不貞行為の償い 浮気調査コラム

「浮気」「不倫」「不貞行為」
様々な表現方法があるように、配偶者の浮気が発覚した時、不倫被害者となるもう片方のパートナーの捉え方も様々です。

「絶対に許せないので離婚以外考えられない!」とされる方もいるでしょうし、「謝ってくれたら許すつもり。」と考えられる方もいるでしょう。

ここでは、不倫の罪と罰というテーマで考えていきたいと思います。

不倫の罪

手錠

不倫問題を考えるとき、被害者からすれば「どうして不倫などするのだろう?」と考えがちになります。
しかし、不倫をしない人がする人の不倫に至った理由をいくら想像しても、答えなど出るはずもありません。

わからないからです。

わからないことをいくら考えても、結果は「やはりわからない」となるのは当たり前なのです。

不倫をする理由よりも、しない理由を考える

テレビのワイドショーや週刊誌では、視聴率や販売部数がある為、不倫問題を面白おかしく取り上げる必要があることから、「これほどの多くの人が不倫をしている!」「既婚女性の6割が不倫経験者だ!」などと取り上げていますが、それは本当なのでしょうか?

確かに不倫をしたことがある人は一定の割合いるでしょうが、不倫をしたことがない人の割合の方が多いはずです。
不倫や不貞行為の問題を考えるとき、やる側の論理ではなく、やらない側の論理で考えると、すごくシンプルでわかりやすいと思います。

不倫をしない人はどうしてしないのでしょう?

自分の容姿に自信がなく、イケメンや美人ではないから?

異性と知り合うようなきっかけが無いから?

行動に移さないだけで、誰にだってイケメン男性や美人の女性と関係を持ちたいとの願望は少しはあるでしょうし、想像したことくらいはあるでしょう。
でも、行動には移さない。 不倫なんてしない。

その理由は、「もし、不倫をしてバレてしまったら妻(夫)や子供が悲しむから。」「家族を裏切りたくないから。」というものが大多数であるはずです。

それを世間では貞操観念と呼ぶのです

いくら不倫を繰り返したところで、日本では警察に捕まり罪に問われるようなことはありません。
姦通罪などという法律はとうの昔に廃止されました。

不倫に罪があるとすれば、家族の悲しみも顧みず自己の性欲を優先さた結果、何よりも大切であるはずの家族の信頼を裏切ったことに対する罪になるのではないでしょうか。

不倫の罪の重さは被害者である家族が決めることです。

不倫の罰

手錠

どのような「罪」にも、相応の「罰」が対になってなってあります。

窃盗や詐欺であれば、刑法によって罪を裁かれ、弁済を行うなど罪を償う方法はあるでしょう。

しかしながら、こと不倫問題においては過失ではなく、確信犯として家族を裏切ったという行為であったとしても刑法で裁かれることはなく、民事として対応する以外に方法はありません。

具体的には、不貞行為があった場合、離婚や慰謝料を求めることが可能となります。
ただ、被害者が望んでいたのは裏切りのない良好な夫婦関係というごく当たり前なことであり、「離婚すれば相手の気が済む。」「慰謝料を払えば許される。」というものではないことは忘れてはいけません。

不倫は即離婚が認められる可能性のある重大な不法行為

これまでいくら真面目に過ごしてきたとしても、不貞行為が発覚した結果、いくら謝罪したとしても配偶者が離婚調停や離婚裁判も辞さない覚悟で離婚を強く望んだ場合には、最終的に離婚は認められることになります。

不倫を甘く考えている方が多くいらっしゃるのは現状ですが、不貞行為というのはそれほど重大な不法行為だということを理解しておかねばなりません。

民法第770条

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

許されるには心からの謝罪は最低条件

不倫の罰は「家族からの信頼を失ったこと」に外なりません。

不倫をした側が婚姻関係の継続を望む場合、心からの謝罪は最低条件だと思います。
それでも、心からの謝罪をすれば許される可能性が高くなるというわけではなく、被害者が聞く耳をもってくれた時には、贖罪のスタートラインに立てたかもしれないというレベルで考えるべきです。

不倫が罪深いものだなどと力説するつもりはありませんが、「何があろうと絶対に許さない」と頑として拒絶された時には、誰も介入できない取り返しがつかない罪であることを思い知ることになってしまうのです。

失った信用はそう簡単に取り戻せません。

許すなら許す、許さないなら許さないのライン

夫婦はお互いの所有物ではありません。
結婚という法律行為(契約)を選択した上での「家族」ではあっても血縁関係はなく、もともとは縁もゆかりもない赤の他人です。
ですので、不倫被害者がずっと悩み続けるような罪深いものであったとしても、加害者が永遠に贖罪し続けなければならないものではないでしょう。

許すなら許す、許さないなら許さないのライン作りは非常に重要です。
そうでなければお互いが不幸になるだけです。

絶対に許せないから離婚というのは、正当な主張です。
その上で、許そうとするときは、どれだけの贖罪をすれば許されるかという線引きは、相手に伝える必要はありませんが、自分の心の中でしっかりと決めておく重要なポイントではないでしょうか。

一度しかない人生です。後悔のない選択をされて下さい。。

著作権/無断転載・引用禁止について

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照下さい。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
アクセスは名古屋駅より徒歩3分