母親が親権を取るには 浮気調査コラム

ご主人が浮気をしたなどといった事情がなくても、何らかの理由により離婚をすることになり、母親である自分が親権を取りたいと考えられる方は多いでしょう。

ここでは、母親が親権を取るにはをテーマに、数多くの離婚事案を取り扱う探偵目線で考えていきたいと思います。

親権を取りたい母親

親権は基本、母親側に

たとえ母親である自分が不倫をしてしまったとしても、子供の面倒さえきちんとみていさえすれば親権は問題なく自分になるので、通常の場合であれば、まずはご安心下さい。

性格の不一致などで離婚するケースなどは言うまでもなく貴女になります。
 ※参考コラム「父親が親権を取るには

ずっと専業主婦で収入がないといった事情がある場合も、公的扶助や養育費がありますし、今後働く意思を示すだけで十分です。
あまり心配はいりません。

父側に親権を取られないには

ただし、【父親が親権を取るには】で解説しているように
「育児放棄の事実があり、その証拠が握られている」
「子供を虐待している」
などといった事実がある場合、当然ながら親権者には相応しくないとして親権者とは認められません。
そういったことが無ければ大丈夫です。
また、子供は絶対に手放してはいけません。
万が一、子供と離れるような状況になり、その期間が長ければ長いほど、相手に養育実績を積まれ、親権者として認められにくくなります。
ですので、別居するにしても実家に戻るにしても、子供だけは絶対に手放してはいけません。
父親が親権者になるケースの9割以上がこのパターンである事実を、忘れないようにして下さい。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

探偵社へのご相談はこちらから

0120-135-007 (相談無料・秘密厳守・365日対応)
アクセスマップ