単身赴任中の夫が不倫 浮気調査コラム

「名古屋に単身赴任中の夫が浮気を・・・」
「東京や大阪に単身赴任中の夫に愛人の姿が・・・」
といった相談が増えています。

単身赴任の場合、同居と比べ自由になる時間が圧倒的に多く、不倫をしたとしても発覚する可能性が低い為、安易に不倫に走るケースが多いという事実は想定しておかなければならないことなのかもしれません。

単身赴任夫の浮気

防止策は様々あるかと思いますが、探偵社のサイトで防止策を求める方は少ないと思いますので、ここでは割愛させて頂きます。

浮気のサインとしては

  • 夜に連絡が取れない時間がある
  • 返信に時間がかかるようになった。翌日になることがある。
  • 部屋が妙に綺麗。(誰かが掃除している形跡がある)
  • 外食中心であったのに、自炊している様子。(誰かが食事を・・・)
  • 金遣いが荒くなった。
  • 服装や音楽のセンスが変わった。

などが挙げられます。
アドバイスとしては、ご主人が自宅に帰ってくるのを待つだけでなく、何か理由をつけてでも単身赴任先に出向き、時々でも構わないのでチェックし、万が一、浮気の形跡があった場合、写真に残しておくなど証拠保全をすることをお勧めします。

W不倫

浮気の解決法

ご主人様のタイプにもよりますが、いきなり少ない証拠だけを元に、問い詰めるのは得策でないケースが大半です。
なんとか言い逃れをしようとしたり、逆切れをされたりした場合、それ以降、問い詰める材料が乏しいからです。

たとえ、愛人との濃密な関係のメールがあったとしても「遊びでメール(ライン)していただけ」とされた場合、それを覆すだけの証拠がないからです。

やはり、【言い逃れできないだけの証拠】を元に、解決法を探る方が良いでしょう。

と同時に、浮気相手の素性が誰であるのか?も重要になってきます。

  • 同僚との職場不倫
  • 飲み屋の女性との浮気
  • 職場以外で知り合った女性との不倫(出会い系含む)

相手によって対応法が異なることになるでしょう。
また、相手が独身であるのか、W不倫であるのかによっても異なります。

さらに重要なのは、ご主人の不貞の結果、離婚するのか否か?は大きな判断基準になり、方法も大きく異なります。

大半の相談者は離婚は望まず、復縁を希望されますが、相手がどう出てくるかにもよります。
不倫相手との交際が長期に及ぶケースでは、双方に夫婦的な愛情を持たれているケースもあり、その場合は強く離婚を主張してくることになるでしょう。

日本では有責配偶者からの離婚請求は基本的に認められないこともあり、ただちに離婚を選択しなければならないとまではならないにしても、夫婦関係が完全に破綻している中で、形式だけの夫婦に拘り続けるのもどうかという考え方もあります。

一度しかない自分の人生をどう生きるかの決定権は自分にしかありません。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

探偵社へのご相談はこちらから

0120-135-007 (相談無料・秘密厳守・365日対応)
アクセスは名古屋駅より徒歩3分