夫の所持品にバイアグラ 浮気調査コラム

「主人の財布からバイアグラのような錠剤が出てきたのです。」

「夫の鞄に隠されたバイアグラを見つけました!」

以前であれば、男性が女性に隠れて使用していた勃起補助薬(ED治療薬)ですが、バイアグラが発売されなれることになり、テレビや雑誌でその効果が明らかになるにつれ、バイアグラを含めた勃起補助薬(ED治療薬)の知名度が男女の差無く広まり、今では多くの方が知ることになりました。

バイアグラの錠剤

その結果、バイアグラの形状も広く知られることになり、薬の所持発覚を理由とする浮気調査依頼がかなり多くなっています。

バイアグラの箱と錠剤

ただ有名な勃起補助薬はバイアグラだけではなく、有名なところでは「シアリス」「レビトラ」といったのや、他にも多くが発売されています。

また、バイアグラ・シアリス・レビトラはジェネリック薬が出されていますので、商品名がバイアグラではないから大丈夫といったことではありません。

ご主人の財布や鞄から見慣れぬ薬が出てきた場合、まずはネット等でそれがどのような錠剤であるかを調べた方が良いでしょう。

ED治療薬(勃起補助薬)はその名の通り、セックス(性行為)をする時に使用する為だけに発明された薬です。

そのお相手が奥様以外である場合は、ほぼ確実に不貞が疑われるとなりますが

「自分でする時の為に購入した」

「妻とすることになる時に備えて買った」


など、どのような言い訳も可能になることから、バイアグラの所持=異性との性交渉の証拠とまでは認められる可能性は低く、不貞の証拠とまではならないあくまで不倫が疑われる補助証拠程度であることをご理解下さい。

ラブホテルなど確実な浮気の証拠と併せて、ご主人様が持っているバイアグラ等の減り具合の証拠とするのが適切です。
 ※可能であったら撮影などをして下さい

それらを繰り返し証拠確保することによって、不貞の継続性や証拠能力を確実なものにしていくのです。

バイアグラについての追記 2018.1.16

バイアグラを含めた勃起補助薬についてのお問合せが急増していることから、追加情報を含めて追記しておきます。

前述した通り、勃起補助薬の中ではバイアグラが有名ではありますが、その他にも多くの種類のものが販売されています。

また、ジェネリック薬もある為

バイアグラであれば写真のように「pfizer」と書かれているので、分かり易いですが、他の薬の場合は一般の方が見ただけで勃起補助薬であることの判別は難しいでしょう。

そういった時は、スマホなどで薬を撮影しておいた上で、後からネットで調べるなり、弊社へ相談時に写真を拝見さえすれば勃起補助薬であるかどうか判断できます。

また、これまでの経験則から、よく隠し持っている箇所としては

  • 財布の中のカードや小銭入れの部分
  • 小銭入れ
  • 鞄のポケット
  • 他の薬に混じらせて(他の薬入れ)
  • 車のダッシュボード・サイドポケット・小銭入れ

などの場所が多くみられますが、そもそもが小さいのでどこにでも隠せます。

そして、通常は1/2づつ服用される方も多いことから(※ピルカッターという商品が主に使用されます)半分に割られていることもあります。

いずれにせよ、勃起補助薬はセックスをする為の薬です。

夫婦間で夜の営みがなければ、他で使用していることになります。

友人や知人から「面白半分で貰った」との言い訳も多いようですが、信じるかどうかはご自身で判断してください。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照下さい。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
アクセスは名古屋駅より徒歩3分