W不倫の罪と結末

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

W不倫の罪と罰

何時の頃からか、既婚者同士の不倫を「W不倫」と称するようになりました。

周りからすれば、お互いの性欲を満たす為だけの関係とも思われますが、当事者たちにとってはそれだけでは収まりきれなくなってしまうケースもあり、取り返しのつかない結末を迎えてしまうことも。
ここではW不倫をしている方の罪と結末を考えてみましょう。

W不倫の罪と罰 目次

  1. W不倫の罪(法律の罪)
  2. W不倫の罪(心の罪)
  3. W不倫の発覚
  4. W不倫の結末

W不倫の罪(法律の罪)

浮気や不貞といった呼び方をしていますが不法行為となり、相手の配偶者からの慰謝料請求(損害賠償請求)の対象となる不法行為になります。

慰謝料額は、W不倫の結果、双方の家庭又は片方の家庭が離婚に至るケースでは高額になり、離婚までに至らなかった場合はそれよりも少額になる傾向があります。

離婚となった場合は、「共有資産の分配」「慰謝料」「養育費」「年金分割」などが発生し、生活は大きく変わってしまうことになります。
養育費一つにしても、性格の不一致など双方に原因がある離婚よりも、不貞行為が原因となった離婚の方が高額になるのが一般的です。

W不倫

W不倫の罪(心の罪)

不倫が発覚してしまうと、配偶者や子供を含めた親族などからの「信用」を大きく失ってしまうことになります。
それまでいくら良い夫や父親(親からすれば息子)、良い妻や母親(親からすれば娘)であったとしても、不倫の前科がある以上、誰からも信用されなくなってしまいます。
お金よりも、むじろ、そちらの方が重要ではないでしょうか。

W不倫をした当事者とすれば、自分の言い分もあるでしょうが、百歩譲って、それが通用する可能性は夫婦間のみであり、子供やご両親の立場からすれば被害者以外の何者でもなく、逆にいえば加害者になってしまうのです。

もし、W不倫の結果、離婚となれば、子供から父親(母親)を奪うことになり、子供からの信頼を取り戻すのは、ほぼ不可能となってしまうでしょう。
そして、あなたの愛した女性(男性)は、子供からすれば何にも変え難い父親(母親)を奪った憎むべき悪人になるのです。

W不倫の発覚

お互いの性欲を満たすだけの関係であり、W不倫が発覚しないまま自然消滅的に別れれば、表面上は何も無かったことになるでしょう。
ほとんどのW不倫は「バレさえしなければ・・・。」といった軽い気持ちから始まります。

ただ、不倫をするには「相手」「時間」「お金」が必要です。
まずは不倫相手と知り合い、交際に発展する期間があり、電話やメール・ラインなどを利用して相手と繰り返しコンタクトを取る。
不倫を重ねるにはその時間や手間も必要となりますし、ラブホテル代や食事代などの費用、まがりなりにも交際しているのですから、誕生日などのイベントにかかる費用も発生します。

そういったことが必要となる以上、いくら自分が不倫の発覚に気を配って警戒していたとしても、こちらの家庭にはバレなくても、相手の家庭にバレる可能性は充分あります。

W不倫の結末

W不倫が発覚した場合、上記で述べた「慰謝料請求」や「離婚請求」が双方にあることを覚悟しなければなりません。

それだけではなく、不倫をされた配偶者の怒りが激しい場、暴力事件や時には刃傷沙汰になってしまう可能性もあります。
そこまでのリスクを冒してまでW不倫で得られるものはあるのでしょうか。

不倫をした側の論理と、された側の論理や精神状態は大きく異なります。
やる側は「たかが不倫」「自分だけが悪いわけではない」との解釈をしたとしても、された側は大きく傷つき、怒り悲しむことになります。
配偶者を信用していて、家庭が大切であれば大切であるほど、その傷は深いものとなります。

W不倫の結果、双方が離婚をして結婚に至るケースも多く存在します。
金銭面や親としての責任を全うした上でのことであれば、誰かにとやかく言われるような問題ではないかもしれませんが、ほぼ大半が自分たちさえ良ければと責任を果たしていないケースばかりというのが現状です。

それでも、離婚することになった配偶者が浮気に気がつき、納得しないまでも、いくらかの慰謝料を含めた金銭を得ている場合はまだ良いのですが、最悪なのは浮気している側から強引に離婚を求められ、そのプレッシャーに耐えきれず離婚を決意。
離婚後に浮気があったこと、それがW不倫であったことを知ることになった場合、過去にあった不法行為の証明は難しく、泣き寝入りを強いられる可能性もあります。

浮気問題の解決は被害者である配偶者が何をしたから、そういう結果になったということではなく、加害者である配偶者がどうであるかの問題がほとんどです。
不貞に気がつき、真実を知る為に、自分でにしろ探偵を雇ってにしろ証拠を集め、その結果、どういう手段を取ったところで、その手段が原因で離婚となるなんてことはごく稀で、大半が浮気をされた配偶者が離婚と慰謝料を突きつけるケースと、浮気をした側が勝手に家を出て行き、離婚を請求してくるケースばかりです。

一度だけのかけがえのない人生を、自分さえ我慢して、泣き寝入りすればという考えは本当に正しいのでしょうか?
「何故、あの時に・・・」と、いつまでも後悔することになってしまいます。
不倫のハードルを越える人は、今の不倫相手と別れたとしても、また違いきっかけて知り合った異性と不倫を繰り返す傾向があります。

まずは真実を知り、現実をしっかり受け止め、その上で将来を含め、ご自身が納得する解決方法を選択されることを強くお勧めします。

名古屋の浮気調査はお任せ下さい

不貞行為とは・・・
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要とされる。

探偵社の相談員

浮気調査の紹介はこちらから
国内最大手の探偵社が安心かつ確実な調査をお約束します

浮気調査の様子

名古屋の探偵社サイト案内人

愛知県で唯一、ガル探偵学校校長が運営する国内最大手探偵社に安心してご相談下さい

名古屋の浮気調査はガルエージェンシー

名古屋の浮気調査・素行調査ならお任せ下さい

ガル機動調査隊

探偵学校校長の運営する探偵社だからこそ、浮気調査を担当する調査員は講師資格を持つ調査技術や経験に優れたプロの探偵のみとなり、全てのお客様に高度な浮気調査をお約束しております。

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西は名古屋駅より徒歩3分という、ご相談や打ち合わせに便利な立地にあります。

弁護士事務所や裁判所などをご利用のついでに、お気軽にお立ち寄りください。

浮気調査の流れ紹介動画

【探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西】
愛知県名古屋市中村区則武1-2-1 カネジュービル5F
TEL:052-433-1616 フリーダイアル:0120-135-007

名古屋の探偵社サイト案内人

浮気調査のお問い合わせはこちらから
【秘密厳守・相談無料】まずはお気軽にご相談下さい

ページの先頭へ