電磁波測定調査

電磁波調査の目次

探偵社へのご相談はこちらから

0120-135-007 (相談無料・秘密厳守・365日対応)

電磁波とは?

電磁波(でんじは 英: electromagnetic wave)は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波(波動)である。 いわゆる光(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。電磁放射(英: electromagnetic radiation)とも呼ばれる。
現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。
電磁波は波であるので、散乱や屈折、反射、また回折や干渉などの現象を起こし、 波長によって様々な性質を示す。 このことは特に観測技術で利用されている。
微視的には、電磁波は光子と呼ばれる量子力学的な粒子であり、物体が何らかの方法でエネルギーを失うと、それが光子として放出される。
また、光子を吸収することで物体はエネルギーを得る。

環境庁からも様々な情報が発表されています。詳しくは環境省ページの「 身のまわりの電磁界について」をご確認ください。

交流磁界、交流電界、ラジオ波・マイクロ波の3つの電磁波を測定

一般的な電磁波測定調査での測定範囲は以下の通りです。

  • 交流磁界:0.1-100mG
  • 交流電界:1-1000V/m
  • ラジオ波・マイクロ波:0.001-19.999mW/m2
電磁波被ばく量は制限されている

電磁波の種類によっては発癌性の健康被害があるものもあります。
また、それらの電磁波については年間の許容被ばく量が法律によって決められてもいます。

電磁波の発生源

通常に生活をする中での一般的な電磁波の発生源としては、代表的な例としては高圧線・レントゲン・電子レンジなどが挙げられます。
その他にも、携帯電話(スマートホン)やIH調理器など多くの家電用品も電磁波の発生するものとされています。
近年になって電磁波や超音波を発生させる機器も存在しています。

電磁波被害の状況

電磁波被害

電磁波という目に見えない特殊な電波が原因で健康被害があった場合において、一般の方がどこへ訴えても証拠がなければ取り合って貰えないというのが現状です。
解決には、調査会社が発行したの調査報告書といった、第三者機関からの情報資料が必要となるケースがほとんどです。

電磁波測定調査・証拠の確保

電磁波測定器

特殊な電磁波測定、証拠資料とするには、規格に適合した専門の電磁波測定器を使用して調査を行う必要があります。
安価で通販などで販売されている電磁波測定機器で測定しても、計測値に問題ありと証拠能力の問題が生じることから証拠資料として採用されない場合があるので注意が必要です。
また、測定方法にも決まりがあり、適当に測定し、数値が出たとしても上記同様、証拠能力に問題ありとされるケースが生じます。
当探偵社では過去に様々な電磁波測定調査でのノウハウを活かし、電磁波の有無は勿論のこと、その原因特定を追求し、証拠を収集いたします。
測定調査結果は調査報告書という形でお渡ししておりますので、裁判資料や警察への提出資料としてご活用頂けます。

測定結果は調査報告書として提出します
探偵社案内人
調査報告報告書には現地調査で計測した交流磁界、交流電界、ラジオ波・マイクロ波の数値と併せて写真を添付する書面で発行いたします。
電磁波測定結果のレポートは、「いつ」「何処で」「どのような測定機器を使用し」「どのように測定したのか」なごを記載し、証拠能力を担保しながらわかりやすい形式となっております。

電磁波測定調査の調査事例1

電磁波

電磁波による健康被害の相談を受け、該当する室内の電磁波を既定の測定方法により計測、記録を行う。
数日間、調査を繰り返したところ、室内において電磁波量が変動する電磁波を確認し、報告書を提出。

解決方法

依頼人が各方面に調査報告書を基に説明し、弁護士を通じ被害を訴えたことにより、防止策が講じられ電磁波被害が無くなったとのご報告を後日受けた。

電磁波測定調査の調査事例2

電磁波

ビルの1フロアには設置された高圧電気設備があり、同ビルの他フロアを賃貸に出す計画があるが、賃借希望者から「電磁波被害が心配だ」との声があった為、測定検査を実施することになった。

解決方法

3時間おきに複数日程、電磁波の各項目を測定したところ、国際的に最も厳しいとされるオランダやスウェーデンといった国の基準を下回っている数値が確認され、報告書を提出した。
好立地の物件ということもあり、後日「無事、契約に至った」とのご連絡を頂きました。

測定調査依頼の流れ

1.お問合せ
各種測定調査についてのご相談や調査依頼は、専用フリーダイアル(0120-135-007)や相談専用フォームにて承っております。
調査を希望される物件の状況(施設やオフィス、一軒家や土地など)と共に、調査目的をお聞かせいただければ、より具体的なご提案が可能となります。 電磁波測定調査の専門知識のある担当がご対応いたしますので、どのような内容もお気軽にご相談下さい。
2.お見積り
状況に応じて個別にお見積りをさせていただきます。
一般的に電磁波測定調査は複数日(3時間程度おきに複数回)、広さがある場合は複数個所で行う必要があります。
3.調査日時の決定
調査をお決めになられた場合、調査実施日時の打ち合わせを行います。
状況に応じて、ご都合の良い日時をご指定頂けます。
日祝日や会社の始業前の早朝、終業後の夜間~深夜などの調査依頼にも対応しておりますので、お気軽にお申し出ください。
4.測定調査実施
ご指定された日時に、専用機材を使い測定調査を行います。
立ち合いを希望されることも可能ですので、遠慮なくお申し出ください。
調査料金のお支払については、一般の方は調査当日に現地でお支払い又は事前のお振込みにてお願いしております。
5.調査結果のご報告
測定結果は調査報告書にてレポート形式で提出します。(※通常、1週間以内)
参考資料として安全基準の資料なども添付しております。
アクセスマップ