スマートフォンやパソコンのデータ復元(デジタルフォレンジック)

削除・壊れたデータの復元

削除されたスマホやパソコンデータの復元

パソコンやスマートフォンに残されたデータ(消去データ含む)の解析・復元を行います。

復元可能範囲はメモリーに残された写真・音声・動画などのデータから、通話(着信・発信)履歴・メール履歴・ライン(LINE)・インターネット利用の履歴と多岐に渡りますが、パソコンやスマートフォン機種の性能や機能、アプリのバージョンなどによって異なります。

デジタルフォレンジックをご希望される方は、調査対象となる媒体(パソコンやスマートホンなど)をお預かりする必要があります。

デジタルフォレンジックの目次

名古屋の探偵社サイト案内人

パソコンやスマートホンのデータ復元に関するご相談はこちらから。
愛知県で唯一、ガル探偵学校校長が運営する国内最大手探偵社に安心してご相談下さい。

スマートフォンのデータ解析

LINEなどスマホデータの復元
  • 電話帳
  • メール履歴
  • ライン履歴
  • 写真・動画データ

など、対象となるスマートフォンにあるデータの解析及び、削除されたデータの復元を行います。

データの復元が可能となる範囲は対象スマートフォンの機種やデータ量・新旧、及びラインなどSNSのデータはアプリのバージョンによって異なります。
該当スマートフォンの機種やOSのバージョンによって解析不可能なものもあります。
詳しくはお問合せ下さい。

お渡しする調査報告書は法廷用証拠として提出していただくことができます。

パソコンのデータ解析

パソコンデータの復元

対象となるパソコンにあるデータの解析及び、削除されたデータの復元を行います。

データの復元が可能となる範囲は対象スマートフォンの機種やデータ量・データの新旧、削除された方法によって異なります。
詳しくはお問合せ下さい。

お渡しする調査報告書は法廷用証拠として提出していただくことができます。

尚、スマートフォン・パソコン共に、お引き受けできるフォレンジックは合法的な調査依頼に限り、所有者不明・違法(不法)な目的のご依頼はお断りしております。

デジタルフォレンジックとは?

デジタルフォレンジックとは、犯罪捜査や法的紛争などで、コンピュータなどの電子機器に残る記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術の総称。
“forensics”には「法医学」「科学捜査」「鑑識」といった意味があり、分かりやすく意訳すれば「デジタル鑑識」。

データ解析・復旧を行うには、調査対象となる媒体をお預かりする必要があります。
また、基本作業として全てのデータを精査していきますので、全データをお渡しします。

データ復元調査依頼の流れ

  1. ご相談

    調査をご希望される媒体(スマートフォンやパソコン)の詳細(機種など)やどのような事を目的とされた調査を行いたいかなどをお聞きします。

  2. 調査の可否・お見積り

    調査をご希望される媒体をお預かりし、調査の可否・お見積り・調査期間などをお知らせします。

  3. 調査をご希望される場合、調査開始

    調査が可能な媒体であると判断され、調査をご希望される場合、実際にフォレンジック作業に取り掛かります。
    一般的には調査対象媒体の解体作業を行いますので、通常は解体された状態でのご返却となります。
    元通りの形(原状復帰)をご希望される場合は別途費用がかかる場合があります。

  4. 調査結果のご報告

    調査結果を調査報告書及びデータにてお渡し致します。
    調査結果は法廷提出用証拠としてご利用いただけます。

ご相談時の注意点

デジタルフォレンジックについてのご相談をメールフォームなどから頂く場合、「スマートフォンの復旧」「ライン履歴を復元したい」などといった文章だけのご相談が多くありますが、ご紹介している通り、対象媒体によっては解析・復元が出来ない機種もあります。
対象媒体をお預かりした上で、調査の可否判断およびお見積りとなりますことをご理解下さい。

データ解析・復元の調査事例

息子さんがお亡くなりになられた理由

電磁波

都会に就職した1人息子さんが自殺によりお亡くなりになられた2年後、匿名の手紙が届いた。
内容は息子さんの死の原因は、上司であるA氏の見るに絶えないパワハラが深く関与するものであり、何もできなかったことで、良心の呵責に耐えかねたことに加え、匿名による通達と知らせるのが遅くなったことに対する謝罪を述べるものであった。

会社に事実関係を問い合わせるも、当然のようにパワハラの事実は無かったと否定。 真相解明の望む父親からの相談に対し、遺書がなかったこと及び、遺された所有物からは自殺に関係するようなものが発見されなかったことから、まずは残されたスマートフォンとパソコンの解析を試みることから始まった。

解析調査の結果

スマホやパソコンのデータからも自殺に関係するという内容のものは確認されなかった。
しかしながら、親交の深かった同僚B氏の存在が浮上。
送られてきた手紙の消印もB氏が住む地域のものであった為、手紙の送り主はB氏であることが濃厚であると推測。
調査を進めると、B氏は今も同じ会社に勤めていることがわかり、ご両親と共に休日自宅にいるB氏を訪ねた。

ご両親が挨拶をするとすぐに、B氏は自ら手紙を送ったことを告白し、息子さんが自殺に至った一部始終をお話しいただいた。
ご両親の元を訪ねようかと日々悩んだが、職を失うことに躊躇し、どうしても踏み出せなかったらしい。
いつか手紙を出したのが自分とわかり、訪ねられてくる日が来るのではないかと内心は望んでいた。
お越しになられた以上、全てを話し、どのような協力も惜しまないとのことでした。

依頼人は丁寧にお礼を述べ、その時は結論を一旦持ち帰ることにした。
後日、退職を決意されたB氏からの強い勧めもあり、弁護士さんをご紹介し対応策を講じることに。
以上をもって、本件は終了となりました。

名古屋の探偵社サイト案内人

デジタルフォレンジックに関するご相談はこちらから。
LINEなどのSNS、メールや写真などのデータを復元&解析致します。

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

ページの先頭へ