子の連れ去り問題、親権争いに有利となるべく証拠収集

親権争い

親権争いをする夫婦

離婚率の上昇に伴い、父側と母側で親権を争うケースが急増しております。

中でも、子の連れ去りは社会問題となるほど深刻で、解決に専門知識が必要になる問題です。

親権争いが生じた場合、最終的には裁判所に判断を委ねることになるのですが、その判断基準は「子の福祉」や「経済的状況」などを総合的に判断しますが、中でも「子の心身共に健康的な生育状況」というのが重要視されます。

ご相談はこちらから

親権争いの実情

母親側が有利ではあるが・・・

母親有利の親権争い

親権争いになった場合、大半が母親側有利と判断されることが多いのが実情です。

ただし、あくまで総合的に考慮される為、現在子供の面倒をみているのが夫といった場合や、祖父母とも健在で経済的に豊かな父親側に親権が認められることもあります。

生育状況など子供の福祉を考え、総合的に判断されますので、制度や法的判断を踏まえ、慎重に進めていく必要があります。

子の連れ去り問題

現状維持の原則と母親有利の原則

離婚に伴う子の連れ去り問題

母親とであれ父親とであれ、子供が心身共に健康に暮らしており、その状況が一定期間以上継続している場合は、無理に子供の環境を変えることは子供の心理的負担を負わせることになることから、現状のまま暮らす方が望ましいとの考え方を「現状維持の原則」といいます。

また、子供が幼い頃は母親とのスキンシップが必要、母親が育てる方が望ましいとの考え方を「母親有利の原則」といいます。

その双方を裁判所は持ち合わせている傾向があります。

子供を連れて強引に別居

最も多いケースが、母親が夫に何も告げず子供を連れて家を出て行き、一方的に別居に持ち込むケースです。
勿論、父親が行うこともあります。

離婚を視野に入れた親権確保の手段としてでしょうが、連れ去られた側が親権を取りたい場合、そのままの状態が続いてしまえば「現状維持の原則」が適用されてしまう可能性がある為、早急に対応策を講じなければいけません。

その過程で問題となるのが

  1. 子供を連れて出て行った原因が母親の不倫のケース
  2. 嘘のDV加害者に仕立て上げられるケース
  3. 父親が連れ去りを行うケース

になります。

1のケースでは、2のケースも視野に入れ、早い段階で不貞が原因であるとの証拠を確保し、自身が不利とならないよう手を打っておかなければいけません。
2のケースは、なりすましDV(DV冤罪)を得意とする団体や専門家が多く存在している為、やられてしまった後では対応が難しくなることが想定されますので、なりすましDV(DV冤罪)を想定した上で、録音や記録など自身の潔白を証明することを考えておかれた方が良いでしょう。
3では、家庭裁判所へ子の監護者の指定と子の引渡の調停(審判)を求める方法が有効ですが、いたずらに時間を消費しないことに注意し、今後の生活をどうしていくのかを含め、方向性を決めた上での対応が必要となります。

親による子供の拉致

幼稚園への送迎時や休日、強引に子供を連れ去るというケースがありますが、拉致や強奪ともとれる行為は親権争いになった時、不当な行為とされ、親権者として適格性がないと判断されることがあります。

連れ去られた子供を取り戻したいという気持ちは理解できますが、親権争いに不利となるだけでなく、逮捕の可能性まである行為になりますので、専門家に相談して、対応法をとることをお勧めします。

ご相談はこちらから

ご相談はこちらから

ページの先頭へ